前へ
次へ

ミキサー食やきざみ食はどういった食事なのか

年配の方に関しては、ものを噛む力がなくなり、普通の食事が困難になることがありますが、そんな年配の方に取り入れられる食事が、ミキサー食やきざみ食になります。
ミキサー食とはどういった食事なのかというと、柔らかい食事あるいは普通食をミキサーで仕上げたものです。
ペースト状にするので、どの食材を使っても、見かけが似たような仕上がりになってしまいます。
よって、ミキサー食を出す際には、食事を楽しめるよう、盛り付けや調理にある程度工夫を取り入れることが大事です。
一方、きざみ食に関しては、柔らかめに作った食べ物や常食を、小さくしたり細かく刻んだりして、口に入れやすくしたものになります。
どのくらいのサイズに刻むのかというと、食事をとる方の嚥下力や咀嚼力に合わせますが、単に小さくしただけでは、簡単に飲み込めるようになるわけではありません。
例を挙げると、焼き魚を食べやすいサイズに刻んだからといっても、焼き魚は口内の水分をほとんど持っていってしまうので、飲み込むのが困難となります。
要するに、調理の際とろみをつけたり、ある程度水分を含ませたりしながら、きざみ食を作ることが大事です。

Page Top